健康保険のしおり病気やケガをしたとき>入院の場合の自己負担

入院の場合の自己負担

 『健康保険限度額適用認定証』の呈示により、入院時の窓口負担が「自己負担限度額まで」となります。
 食事代の標準負担額や保険外の自費負担はこれに含まれません。

1

70歳未満の被保険者等の入院に係る高額療養費についても、一医療機関ごとの窓口での支払を自己負担限度額までにとどめることができます(70歳以上の方はすでに実施しています)。

2

そのためには、医療費の支払前に保険者(健康保険組合)に申請して自己負担限度額に係る認定証『健康保険限度額適用認定証』の交付を受けることが必要です。

詳しくは健保組合までお問い合わせください。

医療費の自己負担限度額(1ヵ月当たり)

区分

高額療養費の自己負担限度額

標準報酬月額83万円以上

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
[140,100円]

標準報酬月額53万円以上83万円未満

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
[93,000円]

標準報酬月額28万円以上53万円未満

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
[44,400円]

標準報酬月額28万円未満

57,600円
[44,400円]

低所得者
(住民税非課税世帯)

35,400円
[24,600円]

認定証の交付から高額療養費現物給付化までの流れ

認定証の交付から高額療養費現物給付化までの流れ



申請書類はこちら

健康保険限度額適用認定申請書

PDF書類
記入見本

書類提出上の注意
A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。
プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。
書類は健保に直接ではなく、総務・人事担当者に提出してください。

Acrobat Reader Rogo

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

MITSUBISHI ESTATE Health Insurance Society.