健康保険のしおり病気やケガをしたとき>海外で医療を受けたとき

海外で医療を受けたとき

 海外派遣や海外出張中の人も、国内にいるときと同様に健康保険の給付の対象になります。ですから海外にいる期間も保険料を徴収されています。
 しかし海外には日本の保険医がいませんので、いったん海外の医療機関に医療費を立て替え払いしたのちにそれを証明する書類(医療機関の診療内容明細書、領収明細書、パスポート等海外渡航の事実が確認できる書類の写し、海外の医療機関等に照会を行うことの同意書など外国語で書かれているものは日本語訳文を添付すること)を総務・人事担当者に提出して、療養費扱いとして払い戻してもらうことになります。ただし、予め療養目的(治療、臓器移植手術等)として海外で行なった場合は支給対象にはなりません。




申請書類はこちら

海外療養費支給申請書

PDF書類
記入見本

書類提出上の注意
A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。
プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。
書類は健保に直接ではなく、総務・人事担当者に提出してください。

Acrobat Reader Rogo

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

関連のページへ

立て替え払いをしたとき

関連のQ&Aはこちら

MITSUBISHI ESTATE Health Insurance Society.