健康保険のしおり病気やケガをしたとき>移送費を受けられるとき

移送費を受けられるとき

 災害現場で負傷し、重症で歩けず医療機関に緊急入院した場合や、入院した病院に設備がないため医師の指示で直ちに緊急でほかの病院へ転院する場合などに、搬送された費用は申請により健保組合から移送費として払い戻されます。
また、被扶養者についても、家族移送費として同様の給付が受けられます。


移送費の支給要件

下記のいずれにも該当すると健保組合が認めた場合に支給されます。

1

入院・転院を医師が必要と認め、直ちに移送しなければならない理由がある場合。

2

健康保険証を使用できる病気やケガで移送される場合。

3

重篤のため緊急に搬送される場合。

 支給額については、最も経済的な通常の経路および方法によって移送された場合の費用として健康保険組合が算定した額を全額支給することとしています。
 また、移送の際に医師等の付添が必要な場合には、医学的管理が必要であったと医師が判断する場合に限って原則として1人までの付添人の日当などの人件費が支給されます。




申請書類はこちら

移送費申請書

PDF書類
記入見本

書類提出上の注意
A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。
プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。
書類は健保に直接ではなく、総務・人事担当者に提出してください。

Acrobat Reader Rogo

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

関連のQ&Aはこちら

MITSUBISHI ESTATE Health Insurance Society.